愛車を友人や知人に売却するときは、知

車の外観の傷というのは中古車買取業者の査定士によって確

車の外観の傷というのは中古車買取業者の査定士によって確認される部分です。誰が見てもわかるような目立つ傷は査定としては減点になるものの、洗車時に間近にじっくり見ないとわからないレベルの傷は特に減額対象としない場合が多いです。時々、査定前に修理すべきかと質問されることがあります。

しかし修理代を上回るほどの査定額アップはないと言えます。車の修理費は個人と法人(買取業者)で大きく違いますから、個人で高い修理費を払うよりそのまま買取に出したほうがトクなのです。
車の処分を考えている際に個人ができる方法は、ディーラーによる下取りか、中古車買取業者への売却です。売りに出すなら出来るだけ多くの買取店舗から相見積りをとることで競争を促し、結果的に高値で売却することも可能です。ディーラーの下取りサービスを利用する場合は、価格競争の必要がないのでもしかすると安く買い叩かれてしまうかもしれません。


けれども一度の手間で売却と購入ができてしまうのでこれほど簡単なことはありません。どちらを選ぶかは車の持ち主次第です。プロのスキルを持った中古車査定士にはいい加減な嘘をついても瞬時に分かるので止めた方が良いでしょう。



良くあるケースでは、事故歴や修理歴のある車なのに、それを理由に査定額を下げられたくないばかりに「ないです」と嘘をついても確認すれば瞬時に判明しますし、嘘をついたことが原因で査定担当者と信頼関係を築こうとしてももう手遅れです。

嘘をついていたことがバレて、一般の査定額よりも厳しめになってしまうことも起きても何ら不思議はありませんから、事故歴などについては変に隠そうとせずにしっかりと言った方が良いのです。

決算期で販売合戦の激しい3月と、賞与支給から2ヶ月たった9月は懐も余裕があるため、自動車の販売は好調です。業者の意図としてはできるだけこの時期に商品を仕入れて捌きたいです。在庫が品薄になるので、買取額が多少高かろうと構わないという姿勢になるのがこの頃です。特に急いで車を処分する理由がないなら、価格上昇のタイミングを見計らうことで、高額査定も期待できます。
また査定額は、決算期が終わった4月というのは低く抑えがちになるので高額査定を期待するのは難しいです。
車にできてしまった傷や故障は、基本的には何も改善せずに状態を評価してもらうようにしましょう。
傷や壊れた個所があれば、その評価分金額は低くなってしまいます。

しかし、傷や壊れた個所は、買取会社が自分で整備、修理したりするので、査定される前に修理しておくことは要求されていません。マイナスの査定で減額されるよりも、直す金額の方が高額になってしまいます。もう動かない車がどこの中古買取業者でも売れるとは断言できません。買取りがかなわない中古車業者もあるでしょうから、心得ておいてください。



反対に、走行不能者や事故車、水没車などの車を、どんどん買い取ってくれるような専門業者もあるのです。専門業者に売ったならば、価値のないように見える車でも高値で買ってもらえるかも知れません。今まで乗ってきた車を中古車業者に売る際に所有者がすることは、少なくとも2つあると思ってください。ネットの査定サイトをうまく使ってとにかく最新の相場を知ることが不可欠です。

市場価値を知らないと、実勢価格より安い値段で売却してしまうことだってないわけではありません。

机上調査と対照的に体を動かすこととして、次は掃除です。

ボディは埃を落とす程度に洗車してあればOKですが、車内は今までにないほど丁寧に掃除しておきたいです。


拭ける部分は拭きマット類は洗ってよく乾燥させましょう。
臭いがあると第三者にはすぐ分かりますし、当然ながら減点査定の対象となります。
私は以前、愛車だった日産エクストレイルを車の買取査定を受けました。ネットの査定サイトで一括査定を依頼しました。一番高く買い取ってくれた会社の人が言うには、買取の時期によって、査定額が変わるそうなんです。



具体的な話ですと、私がその時に売ったエクストレイルはアウトドアに向いた車ですので、やはり夏になると需要が高くなるそうなのです。
ですから、高値がつくタイミングとしては、春から梅雨時期だそうなのでとても参考になりました。


中古車をディーラーへ下取りに出す場合にはいろんな書類が必要となってくるのですが、自動車納税証明書もその一つとなります。もし、納税証明書を紛失した場合には、税事務所といったところで再発行を申し出る必要があります。自動車に関係した書類というのは、紛失しないように常日頃からしっかり管理しておくことが大事です。


自分の持っている車を査定に出すとき、幾らかでも高値で見積もってもらいたいのだったら、今すぐにでも売却したいという思いを強く出すことでしょう。ちょっと気になるから査定だけしてもらうけどきっと売却は後回しになりそうな人よりも、価格が折り合えば今日明日中に売却予定ですという人の方がスタッフにとって心強いものです。車を直ぐに売却してくれそうだとなれば、ほかの業者に逃すまいと高めの見積もりを示してくれるかもしれないでしょう。